<< 年末年始のお知らせ | main | 楽しい子育て〜子どもの感情〜 >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    幸福を感じる〜快と不快〜
    0

       

      お久しぶりです。池田登です。

       

      心理学とか脳科学は難しい学問と思っている人が多いのですが

      それをどう使うかで考えてみると意外と簡単です。

       

      この心理学と脳科学を使って

       

      々福を感じる

      楽しい子育て

      3擇靴しつけ

      ずを生きる

      ゥ灰潺絅縫院璽轡腑麈塾

       

      以上の5つのことを今日から順に書いていきたいと思います。

       

       

      今日は「幸福を感じる」の第一回快と不快です。

       

       

      おなかが空くと不快になり何か食べます。

      トイレを我慢すると不快になりトイレに行きます。

      眠くなると不快になりどうにかして寝ようとします。

       

      以上は生きる三大欲求なのです。

       

      赤ちゃんはこの3つを訴えて泣きます。

      なぜならばこの3つを親が守ってやらなくては死んでしまうからです。

      人間以外の動物でも親は子供が育つまで必死に守ってあげるのです。

       

      言いかえると

      快は安全

      不快は安全でない

      なのです。

      私たちは快でいるときは幸福を感じます。

       

      ・人に認められるのも快

      ・美味しいものを食べるのも快

      ・自然の美しさを感じるのも快

      探せばどれだけでもあります。

      私たちの一生は快を求めると言っても過言ではありません。

       

      世の中には不快のセールスマンみたいな人がいて、

      偏見・差別・悪口・いじめなど

      関わっている人たちを不快にする人がいます。

      可哀そうですがこの人たちはあまり快を感じて生きていないのです。

       

      「幸福を感じる」の1回目は小さな快を感じてみませんか。

       

      美しい夕焼けを見て快を感じる。

      美味しいものを食べて快を感じる。

      人に親切にされたらありがたい。そう、こういうのが幸せ!

       

      快はたくさんありますよ。

      たくさん見つけて下さい。

       

      快を見つけるプロになってください。

      そして見つけるのがうまくなったら

      たくさんの人に教えてあげて下さい。

       

      | セラピスト池田のコラム | 11:46 | comments(1) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 11:46 | - | - | - | - |
        コメント
        管理者の承認待ちコメントです。
        | - | 2019/08/10 1:54 AM |
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://sharecareblog.jugem.jp/trackback/379
        トラックバック