<< 新年を迎えて… | main | 無感覚になりすぎると…(脳のトリックより) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    人の器を育てるもの(脳のトリックより)
    0

       

      お久しぶりの脳の話です。

       

       

      自分の脳なのに自分に気づかれないようにしたり

      意識と無意識が反対のことを考えていたり、

      脳ってホントに不思議だと思います。

       

       

      さて、今日のタイトルにある「人の器」ですが、

      ほとんどの人は「器の大きな人」になること

      人として成長したいと願いますよね。

       

       

      しかし無意識の部分では…というと、そう

      なりたくない人は案外たくさんいます。

       

       

       

      目立ったらたたかれる

       

      チャレンジして失敗するのが怖い

       

      自分には無理

       

       

       

      …などなど

       

       

      色んな思い込みやトラウマが邪魔して、

      幸せになるより変わらないままの方を選ぼうとします。

      成長の可能性より、変わらないことの安心感が

      勝ってしまうのです。

       

       

       

       

       

      でもそこで止まっていては器は大きくなりません。

       

       

       

       

       

       

      じゃあ「人の器」はどうやったら大きくなるのでしょう?

       

       

       

      自分の中で「こうしたいな」と思った時、

      それをかなえるために一生懸命考え、学ぶと思います。

      そうすることで知識が増え、考える力がつき、

      経験することで、できることも増えていきます。

       

      一つのことがかなえられると、

      もう少しレベルアップした次の欲求が出てきます。

       

      これをひとつづつ考え体験し叶えることで

      人としての成長(器)していく、という

      いい循環ができるのです。

       

       

       

      トラウマや思い込みによって、この循環から

      外れ、成長しないでいることは、もったいない

      ことですよね。

       

       

       

      自分の中にどんな「欲求」がありますか?

       

      それをかなえたいですか?

       

      かなえるためにどう行動しますか?

       

       

       

       

      これに答えられる人は、器か大きくなる準備OKです。

      もしすぐに答えられなくても、焦らないでください。

      小さなことからでいいので、

       

       

       

      自分の望みが何なのか

       

       

      ここから見つけていきましょう!

       

       

       

       

       

       

       

       

      今回は、蠟梅(ろうばい)です。

      梅よりもちょっと早いこの時期、

      すごく香りがいいですね。

       

      お部屋に早めの春が来ました!

       

       

       

       

       

       

       

       

       

       

      | セラピスト池田のコラム | 12:43 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 12:43 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://sharecareblog.jugem.jp/trackback/374
        トラックバック