<< ワークショップを終えて | main | 絵心なくても大丈夫(笑) >>
スポンサーサイト
0

    一定期間更新がないため広告を表示しています

    | - | | - | - | - | - |
    脳の不思議
    0

      脳のトリックの話も6回目になりました。

       

      私がセッションの中で見つけてきた数々のトリック。

      脳があまりにも上手に自分をだますので、

      「脳のトリック」と名付けましたが、

      脳は自分をだまそうなんて思ってやっているのではなく

      むしろ、必死に自分を守ろうとしているのです。

      守ってくれていたんだなと思うと、トラウマやトリックの

      見方がちょっと変わって、「今まで守ってくれてありがとう」

      そんな気持ちになることもあります。

       

       

      今回のトリックも人を見ていると、「あるある!」と

      思えるものの一つだと思います。

       

      簡単に言うといつも同じような人に魅力を感じてしまうのです。

       

       

      人を好きになるのは素敵なことです。あなたがいっしょにいて幸せ

      と感じられる人であれば、何の問題もないのですが、

      いつも同じような問題を抱えている人ばかり気になってしまう人がいます。

      周りからみれば「また同じような人を選んで…」という感じです。

       

      大変な思いをして別れてもなぜかまた同じような人を

      好きになってしまう…好みの問題だけでなく、

      脳は自分の抱えたトラウマにピッタリくる人を

      魅力的に見せているのです。

       

      反対に客観的に見て素敵な人やあなたを助けてくれる人、

      チャンスをくれる人が目の前に現れても気づかないように

      仕向けてもいるのです。

       

      「カギとカギ穴」に例えられるように、

      持っている問題がぴったりとはまる人が魅力的(=安全)に

      感じてしまうのです。

       

       

      「また同じような人に引っかかって!」

      「この間も痛い目にあったのにまた同じことして!」

      「何回同じことにひっかかるの!」

       

       

      どんなに言われても、トラウマにぴったりあった人や物事には

      脚色されているかのように魅力を感じます。

      脳がどれだけトラウマに従っていないと危険と思っているか

      よく分かりますね。

       

       

      恋愛や結婚だけでなく、自分はついていない・運が悪いと

      思っている人もあてはまる可能性があります。

      誰の前にもチャンスや素敵な人は現れます。

      ただあなたが(あなたのトラウマを抱えた脳が?!)

      魅力的に感じられないだけなのかもしれません。

       

      ぜひ、それを意識してみて下さい。

       

       

       

      | セラピスト池田のコラム | 16:36 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
      スポンサーサイト
      0
        | - | 16:36 | - | - | - | - |
        コメント
        コメントする









        この記事のトラックバックURL
        http://sharecareblog.jugem.jp/trackback/362
        トラックバック