PR
CALENDAR
S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
2627282930  
<< November 2017 >>
CATEGORIES
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
<< 9月無料相談のご案内 | main | サンポミチ。講座を受けてみて… >>
脳の不思議
0

    こんにちは。池田登です。

     

    前回まで3回脳のトリックをお話しましたが、

    いかがだったでしょうか?

     

    脳が安全と思い込んだ方法を変えられないように

    いろんなトリックを使ってくるのを、

    一つ一つ解いていくこと。

    カウンセリングってこの作業の繰り返しだなと

    いつも思います。

     

    今日のトリックは私たちの中からわいてくる

    「欲求」に関するものです。

     

     

    私たちの人生は自分の中からわいてくる欲求を

    どのようにして満たしていくかということの

    繰り返しです。

     

    満たすことができると達成感や満足感を感じ

    幸せや充実感を感じるのです。

     

    しかし、カウンセリングに来る人の中には

    なにをやっても達成感や満足感がなく

    自分の欲求が何なのかすら分からないという

    人がいます。

    そんな方はぜひ、このトリックにかかっていないか

    考えてみて下さい。

     

     

    子どもがトラウマを決断しないためには「安全」

    を感じて育つことが大切だと前にも書いたと思いますが、

    自分が出した欲求を周りの大人たちが

     

    「いいよ」

    「やってごらん」

     

    と見守ってくれると安全を感じて行動できますよね。

    それを繰り返し、一つづつクリアすることで成長し

    自信や自己肯定も深まるのです。

     

    でも、その欲求を受け入れてもらえなかったり、

    もっとこうしなさいと「要求」ばかりされたり

    したらどうでしょう?

     

    子どもは欲求を出せば逆に要求されることが苦痛になり

    何もしない・考えないというようになってしまうのです。

     

    そしてずっと要求されると頭の中にそれが刷り込まれ、

    だんだんそれが自分の欲求であるかのように思い込むのです。

     

    「もっと勉強しなくては」

    「もっとしっかりしなくては」

    「もっとやせなくては」

     

    自分に自分で「要求」していることに気づかず、

    できないと自己嫌悪感や罪悪感を感じ

    自己肯定できない状態になっていきます。

     

    トラウマを抱えた脳はそれに従って生きることが安全

    と思い込んでいるので、自己肯定でき自己実現して

    変わっていくほうが危険に感じられるのです。

     

    自分のやりたいことが分からない。

    何をやっても達成感がない。

    やり遂げたとたん次に何をしたらいいか

    分からなくなってやる気が出なくなった…

     

    もしかしたら、誰かに要求されたことを必死に

    こなしてきたのかもしれませんね。

    小さなことでいいので、欲求が出て来た時、

     

    「いいよ」

    「やってごらん、大丈夫。」

     

    と自分に声をかけてあげる事から始めてみましょう。

    きっとあなたの欲求もあなた自身も成長し

    いい方向へ変化し始めることでしょう!

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | セラピスト池田のコラム | 11:52 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 11:52 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://sharecareblog.jugem.jp/trackback/358
      トラックバック