<< 「サンポミチ。親と子のかけ橋」講座 第4期募集! | main | 9月無料相談のご案内 >>
脳の不思議
0

    脳のトリックのお話し3回目です。

     

    トラウマが解決することはいいことかと思いきや、

    古い脳にとっては自分を守るためと思い込んで

    いるので解決するのは危険なことと思ってしまう…

     

    変わりたいのに変れない原因でしたよね。

     

    感情が動いて生まれた考えと行動ができると、

    私たちは変っていけると前回お話しましたが、

    実は感情レベルに変化が起きた時、

    気をつけなくてはいけないことがあるのです。

    それについて書いてみたいと思います。

     

     

    私たちは自分の感じている感情を本物だと思って

    いますが、実はそうではない場合があり、

    これを「偽物の感情」と呼んでいます。

     

    偽物の感情はいつも同じパターンで繰り返し

    感じている嫌な感情のことです。

     

    いつもプリプリ怒っている

    いつもびくびくしている

    後悔ばかりしている

     

    こんな感情が消えないまま繰り返すようなら

    偽物の感情である可能性が高いです。

     

    逆に本物の感情は、使ったらスーッと消えていきます。

    これは小さい子どもを見ていると分かるでしょう。

    「今泣いたカラスがもう笑った」

    まさにこんな感じなのです。

     

    出した感情を受け止めてもらえないと、子どもたちは

    違う感情を使うようになります。

    怒っているのを叱られたり泣いているのをめそめそ

    するなと言われれば、受け入れてもらえる(と、子どもが

    思い込んだ)感情を使うようになるのです。

     

     

    結局、偽物の感情=消えない感情なので、

    これを使っている限り同じことを繰り返し、

    トラウマは触れられないままになります。

     

    偽物の感情にすり替えることで、脳はトラウマから

    目をそらさせているということです。

     

    古い脳にとってはその方が安全だからです。

     

    自分がいつも同じ感情を抱えたまま変われないでいないか、

    同じパターンを繰り返していてうまく行かないことはないか、

    感情が本物なのか偽物なのかを振り返ってみると

    解決に向かい出すかもしれません。

     

    感情のトリックがなくなると、

    思ってもみなかった解決法が見えてきますよ。

     

    本物と偽物、しっかり見つけてみましょう。

     

     

     

     

     

     

     

    | セラピスト池田のコラム | 14:18 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 14:18 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://sharecareblog.jugem.jp/trackback/356
      トラックバック