<< 脳の不思議 | main | 脳の不思議 >>
「サンポミチ。親と子のかけ橋」講座 第4期募集!
0

    みなさんこんにちは!

     

    熊本はお盆辺りから朝晩が少ーしだけしのぎやすい

    感じがしていますが、みなさんのお住まいの地域は

    いかがでしょうか?

     

     

    さて、今日は講座募集のご案内です!

     

    ブログでも何度もお伝えしています、

     

    「サンポミチ。親と子のかけ橋」

     

    講座ですが第3期が今月初めに無事終了し、

    10月から4期を開講することになりました!

     

     

     

    「サンポミチ。親と子のかけ橋」 講座

     

    習ったことが身につきすぐ使えるようになるよう、

    カリキュラムを作っています!

    自然に使えるよう、お母さんたちが変わっていける

    カリキュラムです。

     

    定員 5名(少人数制で納得いくまで学べ、質問できる講座です)

    講師 高瀬多美子(Share&Care認定カウンセラー)

    日時 水曜コース 10/4  18  11/1  15  29

               土曜コース  10/7  21  11/4  18  12/2

    費用 :全5回 20,000円

     

     

    カリキュラム

    1、オリエンテーション・目標設定

      初めて会った、これから一緒に学んでいく仲間とインストラクターと

      知り合うための回。

      講座を通して身につけていただきたいTA(交流分析という心理学)の

      基本的な考え方、

      人は誰でもOKである

      人は誰でも考える能力を持つ

      人は自分の運命を決めその決定はいつでも変えることができる 

      の3つを通してあなたなりの「幸せなお母さん」への

      ベクトルを見つけてみましょう!

    2.感情について

      子どもたちが求めているものってなんでしょう?

      あれをして!これが欲しい!一緒に遊んで!

      実は、根っこはもっとシンプルです。「分かってほしい」

      これが何より求めているもの。

      気持ちを聞いて受け止め、分かってもらえること、

      感情のキャッチボールの大切さについて

      学んでみましょう。

    3.脳の働き・防衛反応

      いろんな感情、幸せ・安全や安心そしてネガティブな思いも、

      すべて脳から生まれます。

      幸せになりたい脳と、分かっているのに

      できない・こわい・自分はダメだと一歩踏み出すことを

      引き留める脳。この不思議な脳の働きを通して、

      自分を見つめてみましょう。

    4.ストレス・自我状態

      仕事に育児に家庭、様々な人間関係女性には役割も多く、

      ストレスがいっぱい!

      でも、忙しそうなのにゆとりのある人、

      大変な状況なのに幸せそうに見える人

      何が違うのでしょう?その秘密教えます!

    5.ポジティブ育児法・まとめ

      子育てやコミュニケーションのノウハウっていっぱいありますが、

      知識だけじゃもったいない!

      毎日の生活に使えること、それが一番ですよね?

      5回目を終了したあなたは、きっとそうなっていることでしょう!

      お楽しみに!

     

     

    お問い合わせは下記まで!

    株式会社 日本Share&Care

    〒862-0950 熊本市中央区水前寺5丁目5番21号中尾ビル3階

    TEL 096-340-8682  FAX 096-340-8650

    MAIL info@sharecare.jp  HP http://www.sharecare.jp

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

     

    | sharecareのお知らせ | 15:59 | comments(0) | trackbacks(0) | - | - |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 15:59 | - | - | - | - |
      コメント
      コメントする









      この記事のトラックバックURL
      http://sharecareblog.jugem.jp/trackback/355
      トラックバック